創業ビジネスコンテスト

創業・ビジネスコンテスト2018 プレゼン審査会

「創業・ビジネスコンテスト2018」は、平成30年11月8日から参加者を募り、多数の応募の中から1次審査を通過した4名によるプレゼン審査会です。発表者は、創業計画書を作成し、審査員や観覧者の前でプレゼン発表することにより、創業に向ける決意も新たに、今後の自信になったことと思います。浦添市はこれから市内で事業を行っていく4名の発表者のご活躍を応援していきたいと思います。

→ 浦添市創業ビジネスコンテスト2018 開催内容はこちらをご覧下さい。

 

沖縄銀行

【 協賛 】
本審査会の開催にあたり、株式会社沖縄銀行様より協賛と創業支援金のご提供を頂きました。

 

プレゼン発表者

武川 洋 / 手ぶらでキャンプが楽しめる!豪華キャンプレンタル事業

プレゼン発表:武川洋氏
プレゼン発表:武川洋氏

【創業の動機・目的】
自身のアウトドア活動をとおして、「沖縄には山や川など海以外にもすばらしい自然の魅力が沢山あることを体感し、多くの人にもっと日常生活の中で自然を楽しんで欲しい。」と考えるようになった。一方で、アウトドア用品は高価格な物が多く、アウトドアを始めようとするとそれもひとつのハードルになっていると感じ、高価格なアウトドア用品をレンタルという形でリーズナブルに提供することで、手軽に豪華なアウトドアキャンプができる機会を提供したいと思い創業に至る。

【事業所名】THE NATIVE


 

平良 和己 / 地域密着型ケアマネジメントで日本一やさしいまちづくりを促進

プレゼン発表:平良和己氏
プレゼン発表:平良和己氏

【創業の動機・目的】
少子高齢、人口減少社会という課題に対し、医療・介護の分野でも“地域力強化”という対抗策が講じられている。自身のケアマネージャーとしての専門性と知識を活かし、地域包括ケアシステムの構築に貢献するため、自信が住んでいる浦添市にて、居宅介護支援事業(ケアマネジメント)の開業に至る。今後は、認知症サポータの養成など、地域共生社会実現の起点となるような事業に取り組んでいく。

【事業所名】合同会社 ネイバーフッド


 

崎濱 隼次 / 福祉の街・浦添からのSocial action〜社会変革〜

プレゼン発表:崎濱隼次氏
プレゼン発表:崎濱隼次氏

【創業の動機・目的】
障がいを持つ兄弟がおり、大人になった障がい者の就労・生活環境が大変厳しいことを身近に感じてきた。自身の兄弟には、多くの「得意とすること」があり、障がい者それぞれの「得意とすること」にフォーカスすることで、「障がい」が「個性」になると考え、障がい福祉や介護保険などの専門領域や行政の垣根を超える仕組みを構築することで、障がい者の生活を豊かにすることを目指し、創業に至る。

【事業所名】合同会社 Social action


 

細谷 朝美 / 日本を今一度リチャージいたしたく候

プレゼン発表:細谷朝美氏
プレゼン発表:細谷朝美氏

【創業の動機・目的】
電力需要は年々増加しているなか災害が多発する昨今、安全で低価格・高性能の新型バッテリーの提供、二次電池の回収などのリサイクルにより、将来的に廃棄物処理費用の軽減と環境エネルギーへも貢献を目指し、創業に至る。

【事業所名】リチャージ 株式会社


 
 

プレゼン審査結果

最優秀賞

最優秀賞:崎濱隼次氏
崎濱 隼次
合同会社Social action

福祉の街・浦添からの Social action ~社会変革~

 

優秀賞

優秀賞:平良和己氏
平良 和己
合同会社ネイバーフッド

地域密着型ケアマネジメントで日本一やさしいまちづくりを促進

 

 

優良賞

優良賞:細谷朝美氏
細谷 朝美
リチャージ株式会社

日本を今一度リチャージいたしたく 候

 

 

優良賞:武川洋氏
武川 洋
THE NATIVE

手ぶらでキャンプが楽しめる!豪華キャンプレンタル事業

 

 

 

審査員

審査員:池村博隆氏
ものプラン沖縄
代表 池村博隆
 
審査員:川平直樹氏
浦添市産業振興センター結の街
インキュベーションマネージャー
川平直樹
審査員:大城肇氏
沖縄銀行 大平支店
支店長 大城肇
 
審査員:大城千栄美氏
浦添市 市民部 経済観光局
局長 大城千栄美
 
審査員:知念尚子氏
2016年度創業・ビジネスコンテスト
優秀賞受賞
gift 代表 知念尚子
審査員:銘苅康弘氏
(株)ネクストシステム・コンサルティング
代表取締役 銘苅康弘

【審査員からの講評】
エントリーしてから発表に至るまで、多くの時間をかけ、事業計画書を作りあげることはかなり大変な作業だったと思います。ですが、これから先を考えるとすごく良い経験をされたのではないかと思います。時間をかけて事業計画を作ったり、修正したりできるのは今の時期だからこそできることです。大事なのは、事業計画を更新していくことです。事業は生き物だと思いますので、今後、事業化し進めるうえで事業と計画とを照らし合わせ、修正しながら中身の濃い事業内容にし、いつまでもこの事業が継続できるよう頑張って下さい。

 

発表者と審査員の集合写真

事務局

toiawase_csd

※本事業は沖縄振興特別推進交付金を活用し、浦添市より「平成30年度創業者定着支援事業」を株式会社おきぎんエス・ピー・オ-、株式会社CSDコンサルタンツ共同企業体が受託しております。

【委託元】浦添市役所 市民部 経済観光局 産業振興課 TEL.098-876-1234