販路開拓セミナー

販路開拓セミナー(マーケティングの基本を学ぶ)開催報告

オリエンテーション

 6月3日、6月17日、7月1日と開催しました「商品開発セミナー」に引き続き、「販路開拓セミナー(全3回)」の第1回目が8月5日(土)よりスタートしました。ほとんどの方が「商品開発セミナー」に参加されていて、ご自身の商品(サービス)コンセプト、設計等を明確にされており、今後の商品(サービス)をどのように販売・展開していくか、という次のステップとして、今回のセミナーに参加されています。

 

セミナー 講演

販路開拓セミナー:講義①

 午前の講義「マーケティングの基礎①」では、普段利用しているような身近な店舗を例題に同業他店との比較分析(ターゲット、製品、立地、価格等)を説明して頂きました。また、SWOT分析、3C分析、5フォース分析など、いくつかの分析方法の中からSWOT分析を使用し、自身(商品(サービス))の分析を行いました。
 

  Opportunity
(機会)
Threat
(脅威)
Strength
(強み)

積極化戦略
(強み×機械)

強みを活かして機会をとらえる

差別化戦略
(強み×脅威)

強みを活かして脅威からの影響を軽減する

Weakness
(弱み)

弱点強化戦略
(弱み×機械)

弱みが原因で機会を逃がすことを防ぐ対策を打つ

専守防衛 or 撤退
(弱み×脅威)

最悪な事態の回避策をとる

 
 自身(商品(サービス))を分析することで見えてきた「強み」や「弱み」をベースに戦略を立てたとき、当初考えていた基本(思い)に沿っているか?と再確認することは、今後の経営ビジョンの基礎となるのではないでしょうか。

 

販路開拓セミナー:講義②

 午後の講義「マーケティングの基礎②」では、「出口を考える」をテーマに実際に商品開発や販路開拓を行った方々の事例の紹介説明を行っていただきました。

 1.「資源」を見極める。
 2.「出口」を想定する。
 3.「強み」に気づく。

この3つをポイントとした内容と午前中の講義の分析で自身の商品(サービス)の販路をどのように開拓して行けばいいかなど、具体的なイメージができたのではないでしょうか。

 

グループディスカッション

グループディスカッション
グループディスカッション

 参加されている皆さんの創業される業種はそれぞれ異なりますが、お互い違った視点での質問・疑問などの意見交換を行ったり、また納得いくまで講師陣と意見を交わすなど充実したグループディスカッションを行っていました。

 次回は、8月19日に第2回「競争点調査、Eコマース活用方法」、8月27日に第3回「ITを活用した情報収集・販路開拓」を開催していきます。

 

▶▶商品開発・販路開拓セミナーの詳細情報はこちらから 

semi-01

▶▶商品開発セミナー開催報告

semi-02

 

問い合わせ先

株式会社おきぎんエス・ピー・オー・株式会社CSDコンサルタンツ共同企業体

【研修事務局】

 株式会社CSDコンサルタンツ

 担 当:尾関、西銘、仲間、金城  

 住 所:〒902-0061 沖縄県那覇市古島1-23-2 譜久原ビル 2階    

 電 話:098-882-3033  FAX:098-885-0910

 E-mail:sogyo@csd-c.co.jp

 

※本セミナーは沖縄振興特別推進交付金を活用し、浦添市より「平成29年度創業者定着支援事業」を株式会社おきぎんエス・ピー・オー・株式会社CSDコンサルタンツ共同企業体が受託し実施しております。

【委託元】浦添市役所 市民部 経済観光局 産業振興課   TEL:098-876-1234