公開日 2017年02月17日 10時17分

CASESTUDY

例えば雑貨店の創業ステップ:2/2

gift

開業準備期間

さて、雑貨店での経験を積み、自分のお店のコンセプトを決め、開業資金の準備の目途が立ったら、いよいよ、開業に向けて具体的な計画を立て、準備を進めて行きます。
表3.に開店までの具体的なタスクリストを掲載しておきます。項目ごとに開始日や期限、実施状況を記入する欄を設けてありますので、開業に向けて具体的な計画を立てるのにお役立てください。
タスクリストの中で特に重要なポイントは次の通りです。
表3.開店までのタスクリスト[PDF:603KB]
 
① 開店日
  1年の中で、雑貨店が最も忙しくなる時期は、プレゼントを買い求めるお客様がもっとも多いクリスマスシーズンの12月です。12月に開店日を設定すると、店舗運営に慣れない状態で繁忙期を迎えてしまうためできるだけ避けた方が良いでしょう。また、7月、8月や1月、2月は、夏と冬のセールの時期になります。この時期に開店すると、仕入れた商品を直ぐに値引き価格で販売するということになってしまうので、やはり、この時期に開店日を設定するのも避けましょう。これらを考慮すると、開店日は、9月~11月、もしくは3月~5月ごろに設定することをお勧めします。
 
③ 資金調達計画
  開業に必要な費用を詳細に見積り、自己資金や金融機関からの融資などを組み合わせて、資金調達の計画を立てます。また、年間・月間・週間・1日の売上目標を設定し、1日あたりの目標購入客数を設定します。開業費用については、表4.に費用項目を整理してありますので参考としてお役立てください。
表4.開業に必要な費用リスト[PDF:578KB]
 
④~⑥ 物件探し
  店舗の物件については、こちらの飲食店の創業ステップ(http://startup.city.urasoe.lg.jp/startup-contents/2015110800011/)の「物件を探す」場合と同様に、コンセプトにあった客層の人がいるかや、お客様に見つけてもらえやすい場所か、駐車場や競合店の有無、家賃などに注意しながら、出来るだけ多くの物件を見て回ります。また、当サイトの「データで見る浦添(http://startup.city.urasoe.lg.jp/search/analytics.html)」や、こちらの創業相談支援サービス(https://startup.city.urasoe.lg.jp/usb/top/)に登録することで利用可能な「市場情報評価ナビMieNaレポート」、「空き店舗・事務所検索(http://startup.city.urasoe.lg.jp/search/)」などを活用することもお勧めします。
 
⑦・⑧内外装工事
  内外装工事については、決定したコンセプトや設定したテーマを設計士や工事業者に伝えながら複数の業者から見積りをもらい、業者を決定します。また、出来るだけ費用を抑えるために、可能な作業は自分で行うことを検討することも重要です。
 
 ⑨ ~⑪商品の決定・発注
  扱う商品は、設定したテーマに従って決定します。メーカーや卸業者のカタログを見たり、買付に行ったりすると、様々な魅力的な商品に目が行き、ついつい品ぞろえを増やそうとテーマから外れた商品を発注したり、買付してしまったりすることがあるので注意が必要です。また、在庫の量は、必ず、1ヶ月の売上目標の3倍以内の金額に収まるようにします。雑貨は、シーズン商品もあるので、時期が過ぎて売れ残ってしまったり、売り切るために仕入値よりも安く販売するようなことになったりしないように、在庫量については、仕入れすぎないように、常に注意を払うことが重要です。
 
⑫~⑮販促
  ブログやSNSについては、無料で活用できる販促ツールなので積極的に活用していくことをお勧めします。また、開設の時期も、開業後ではなく、開業の準備を行っているころから開設し、お店のコンセプトや扱う予定の商品、店舗の工事の様子などを発信していきます。そうすることで、あなたのお店に興味を持ち、開業後すぐにお店を訪れてみようと考えてくれる見込み客を獲得することにつながります。
 
⑯・⑰什器
  什器やディスプレイ用備品は、コンセプトやテーマに従って揃えていきます。商品の仕入と同様に、ついついコンセプトやテーマから外れた物に目が行ってしまうことがありますが、お店作りは、細部にこだわり、テーマ通りに作っていくことが重要です。少しでもテーマから外れた物を設置すると、お店全体の雰囲気を壊してしまうので、慎重に選択していってください。
 
⑱~㉔その他開業準備
  インターネットや電話回線の工事には1ヶ月ほどの時間がかかることがあります。店舗が決まったら、すぐに工事の手配をしましょう。レジについては、売上や利益、在庫の管理が出来るタブレット端末+クラウドサービス型の物を選択することで、売上状況や在庫状況などが一目で確認でき、経営状態の把握に役立ちます。ラッピング資材については、テーマに沿った物をそろえていきます。雑貨は、購入されたお客様が、大切な方へプレゼントとして贈ることも多い商品です。ラッピング資材は、商品を贈られた方に対しても、お店の魅力を伝え、お店のファンになってもらう切っ掛けとなることもありますので、テーマ通りの物を慎重に選びます。
 
㉕・㉖スタッフ
  開店直後からスタッフを雇用することは出来るだけ控え、店舗運営が軌道に乗り、売上や利益の状況を考慮しながら採用を検討することをお勧めします。どうしても人手が足りない場合は、短期的なアルバイトを採用することから検討しましょう。スタッフの採用と教育には時間がかかりますので、繁忙期など人手が必要な時期を見こして、2,3ヶ月ほど前から募集をかけると良いでしょう。
 
㉗~㉚開店直前準備
  店舗を決めて賃貸契約を結ぶと、すぐに家賃が発生します。無駄な家賃を払い続けないためにも、内外装の工事は、賃貸契約後、2週間ほどで完了するように手配し、什器の設置から商品の陳列、開店までを2週間で行うことを目標に計画的に作業を進めて行きます。

 

開店!

表3.を参考に開業準備を進め、商品の陳列が完了したら、いよいよ開店です!
あなたの「好き!」が詰まった、素敵なお店と商品で、お店を訪れるお客様と商品を手にされた方へ小さな幸せを届けていきましょう!
表3.開店までのタスクリスト[PDF:603KB]

例えば雑貨店の創業ステップ:1/2へ


その他創業に関する相談があれば、お気軽に創業相談窓口へお問い合わせ下さい。

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード