公開日 2016年08月05日 14時04分

起業家インタビュー

新しい“何か”を始めるみなさんへ

スタートアップスクエア・インキュベートマネージャー
gift_オーナー知念氏
vol3

gift - life and design -  オーナー 知念尚子(ちねん・なおこ)


沖縄県沖縄市出身、浦添市在住。2001年に編集プロダクションを立ち上げた知念尚子さんは、グラフィックデザイナーとして活躍しています。そのかたわら、2006年の出産をきっかけに、プロダクション業務のひとつとして、子供向けのハンドメイド雑貨やプロダクツなどの制作・販売を開始。独自の感性でセレクトするアンティークや生活雑貨も好評を呼び、2016年5月、浦添市城間に念願のショップ「gift - life and design -」をオープンしました。店内にはシンプルで飽きのこないデザインの古家具や古道具をはじめ、知念さんと親交の深い作家さんの作品もならんでます。
 

シンプルな形には使い続けることで増す味わいが。生活に根ざしたいいモノをデザイナー目線で残していきたいんです


ショップをオープンした経緯を聞かせてください

gift_店内風景


以前から編集プロダクションの仕事の一部として、子ども向けの「baby-baby」というブランドをやっていたんですね。その流れで手作り市などのイベントに出店するようになると、扱っている雑貨やディスプレイに反響をもらえるようになって。それからは、個人的に好きだった古家具や古道具のバイヤーもはじめました。事務所で眠っているアイテムも増えてきたので、ショップをオープンすることにしたんです。
 


扱っているアイテムが幅広いですが、セレクトの基準は?

gift_店内風景


暮らしの中に根ざしたモノって、デザインと一緒で引き算だと思っているんです。あれもこれも置いてしまうと店らしさが損なわれてしまうので、シンプルで飽きのこない形のモノ、メンテナンスして一生使えるような質のいいモノをそろえるように心がけています。永く使い続けていくことで、使うひとなりの味わいがプラスされていくのが、家具や道具類のよさだと思うんです。
 


サンパーク通りでオープンした理由は?

gift_ショップ外観



当初は、事務所の半分を店舗にするため、古道具を保管するための倉庫を探していたんです。自宅や職場から近い方がいいと思い、浦添市内を考えていたのですが、ここが空くことを知って、店舗にうってつけだと思い即決しました。この場所が気に入ったのは大きめの通りに面していること。バス停も近くて人通りも多いので、通勤帰りの方や学生さん、地元のひとまで、ふらりと立ち寄ってくださる方も多いです。
 


ショップを構えるのとイベント出店の違いってありますか

gift_接客風景


店舗を持つ魅力は、いろいろな人が気軽に来てくれることです。普段なかなか会えなかったひとやSNSでしか交流のなかったひととリアルに触れ合えるのはうれしいことですね。それ以外にも、子どもの学童の先生とか、挨拶しか交わしたことのなかった近所のひととか、思いもかけなかった方々とより深く知り合える機会がもてたり。土日は子どもがお店を手伝ってくれるので、子どもに商品を企画させるなんてことも楽しんでます。少しは社会の厳しさを学んでくれるかなと思って(笑)。その反面、ショップをみてくれるスタッフが必要なこともイベントとの大きな違いです。私はデザインの仕事があり、つねにお店にいられるわけではないので、ショップは友人が手伝ってくれています。まわりの人たちの協力があってこその今だと、感謝しています。
 


オープン間もないショップですが、今後の広がりは?

gift_商品


イベント出店などで仲よくなった地元の作家さんやショップオーナーさんも多いので、好きなひとたちが作るアイテムの取り扱いをもっと増やしていきたいですね。作家さんを招いて手づくりワークショップなんかもやってみたいです。それから今、オリジナル商品の試作などもはじめたところで、パッケージや販促物などのデザインも含めて、自分たちらしいプロダクツや沖縄みやげを作っていきたいです。
 


デザイナー・ショップオーナーとふたつの仕事をこなす知念さんから、起業を考えている方にアドバイスは?

gift_オーナー知念氏ラッピング風景



まずは何をしたいか? 何をしていて楽しいのか?を見極めていくと、より具体的なモチベーションにつながると思います。そして、先々のビジョンを持つこと。起業はゴールではなくスタートなので、フォーカスするのは起業したあとの展開だと思います。そこで、なんでも自分だけでやろうとするとムリがでてきます。やはり回りのひとの助けを借りながら、広い視野で動ける余裕が持てるといいですね。あと、起業がより具体的になってくると、予想外のできごとも起こりがち。時間や資金にはある程度の余裕を持っておくのも忘れずに! お店のリフォームや家賃などは、市の補助金制度も活用できるので、相談してみるのもいいのではないでしょうか。

 

企業紹介

gift_店内風景

 

gift - life and design -
事業内容:古道具・古家具・生活雑貨・焼き菓子・県内作家の作品などの販売
開業年:2016年
TEL:098-959-5730
住所:沖縄県浦添市城間2-5-6 
WEB:http://specialgift.co
BLOG:http://ameblo.jp/gift-okinawa
FBinsta