DISCUSSION

浦添市長と起業家の座談会

座談会の様子

浦添市長と若手・女性起業家たちの座談会

浦添で起業した3人が語るそれぞれの理由、アイデア。そして、これから…

座談会参加者の皆様

ひとくちに起業する・創業すると言っても、現在のビジネスのカタチは多種多彩。 「自分らしい生き方ってなんだろう?」、「自分に合う起業のしかたってなんだろう?」。 独立を考えているみなさんの中には、そういった問いに直面している方が多いのではないでしょうか。 そこで、浦添市内の起業家3人をお招きして、松本哲治浦添市長を囲んだ座談会を開催しました。 浦添市産業支援センターにある「結の街 スタートアップスクエア」で、起業サポートを行う能塚善之さんの司会進行のもと、 若手・女性起業家のみなさんからは、リアルな体験談が続々と飛びだしました。 少し先を行く先輩起業家たちの本音トークをお届けしましょう。

ネイリスト

ネイルサロン経営のKAORIさん
氏名 KAORI
年齢 34
ショップ Nail Salon Kelly 経営
開業 2015年
メッセージ 「夢は叶う」ということを子供たちに見せられたのが起業してよかったこと。頑張っていれば誰にでもチャンスはあります!!私にもできたんだからあなたにもできるはず(^-^)
ネイルサロン仕事の様子

雑貨店オーナー

ハンドメイドショップ経営の天久さん
氏名 天久恵子(あめく けいこ)
年齢 46
ショップ Hand made shop door+ 経営
開業 2010年
メッセージ ハンドメイド作家さんとお客様を結ぶ橋渡しができることに喜びを感じます。「自営業」は「自由業」じゃないということ。信用第一を念頭に、みなさんも頑張ってください!
ハンドメイドショップ店内の風景

飲食店オーナー

イカライスベンダー経営の池城さん
氏名 池城安司(いけしろ やすじ)
年齢 36
ショップ Icarice Vendor 経営
開業 2015年
メッセージ 自分で何かをやってみたかったのが起業のきっかけ。毎日が仕事にもなるし、毎日が休みにもなる自営業は、すべてが自分の責任だからやりがいがある。一緒に頑張っていきましょう!
イカライス
次ページ 三人三様のショップ展開。さて、浦添で起業したそのワケとは?